TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/03/31

そこの雑誌さん、自分がどれだけ矛盾してるのか、わかってますか?

Okay, so today I'm going to write the post in English first and then translate the main message into Japanese. It's kind of free writing, that you keep writing for a certain period of time, say about 10 minutes, without stopping or correcting or anything to pull out your ideas or thoughts like warming yourself up before to do physical exercises. I strongly encourage you to try this out. I'm going to write about free writing some other time. Now it's about books I read the way home yesterday.

I often go check some new magazines about learning English at bookstores to keep up with the tread and I'm often stunned with its big number of similar kind of magazines and also annoyed, thinking if those who are making those magazines really think they can advice the way properly to learn English  and their readers would be able to use English as they claim. Who can be the target readers of those endlessly published tacky magazines?

Now, let me tell you how useless and inconsistent those magazines can be with an example from one of those I read yesterday.

There was a very wildly known professional user of English writing how he mastered English. Yes, he is great, truly amazing. But, I'm sorry to say that his way of learning English so great, marvelous that almost no one can do the same as he did. (BTW, he was talking about Tadoku and Tachou there, but I don't remember him saying anything about Tadoku&Tachou in his blog, so I thought even such a talented people cannot to be ignorant of the new waves of learning English.)

He says in his article that it has nothing to do with taking high scores in STEP or TOEIC that you can use English fluently. His claim is just right. I have no objections to it.

Then I turned the several pages and started to LOL, because there came many stories about how to get high scores in Shikaku Shiken, such as which textbooks you should tackle with to score more than 600 in TOEIC.

Ok, ok, so you, the magazine, recommend us to learn English not for taking tests but for using it, and at the same time, you want us to buy textbooks and study for tests. WOW, how unreasonable it can be! 

I'm not saying all the English learning magazines are like this and you shouldn't pour your precious money into buying it, but I'm afraid there is no particular magazines I can recommend here to help learn English by now. Am I just choosy and picky? Maybe that I'd like to take a word or two once with the people behind those magazines and find out what they're aiming at.

(↑ ちょっとの見直で表示していますから、突っ込みはご容赦くださいませ^^;;)

昨日帰り道で立ち読みした英語学習雑誌。これまた失笑ものでした。
どうしてかって?
特集の内容と他の記事が、てんで逆のメッセージを発信しているんですもの。

特集でとりあげてあったのが、とある英語界での大御所。
私と同じ大学出身だったような気がする。
すごいですよ、その学び方といったら。私にはぜったい真似できませんね。
というか、誰にも真似できないと思います。だからこそ、雑誌に登場するわけであって(笑)
記事の中には、多読・多聴という文字もありました。
えーっと、実はこの方のブログを読んでいた時期があるのですが、
その時には、多読・多聴のことなんて、一切書かれていなかった記憶がります。
やっぱり時流にのっておこう、でしょうかね。

ここで強調してあったことの一つが、資格試験やテストのために勉強していてはだめで、
もっと使うこと考えてやれってこと。これには大賛成。

と、ぱらぱらページをめくって先を読んでいったら、
なーんと、そこに出てきたのはTOEICで高得点を取るための参考書記事。
えー!ついさっき、資格試験に反対しておきならが、今度はテストに挑戦しろってか?!

とまあ、無責任な英語学習雑誌が棚を賑わせていますね。
すべての雑誌がこうだとは思いませんが、どうぞ皆様、偽物に惑わされないようにお気を付けくださいませ。
不安になったら、ここで相談もいいかもしませんよ!
(Writer: MrsMalone)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村  

2012/03/29

テストじゃないって! / It's NOT the test, stupid!

私は高校の英語教師です。東京外国語大学外国語学部スペイン語学科出身。一流大学ですね。それも外国語学部。代ゼミの偏差値ランキングでも東大・京大・一橋に次ぐ「難関大学」であります。ちなみに、直前の代ゼミ模試の判定は、「E」。つまり、「志望校変更が望ましい。」

10年ほど前、TOEFL対策の授業をもたされました。高校でTOEFLなんて無理と思ってましたので、もう自分が授業中生徒と勉強して受けてやろうと思いうけました。すると、PBT633でした。

数年前に「多読」と出会い、辞書を捨てました。授業準備でも「自分が知らない単語を教える必要なんてない」と思い、辞書はひきませんでした。

で、昨年英検1級を受けてみました。対策?1ヶ月ほど、通勤電車の中でDaily Yomiuriをぱらぱらと読んだ。(実質20分くらい)。3日前に、過去問をやってみました。リスニングは一切やらなかった。単語集も買ったけど、30分くらい眺めて終わりました。

で、合格。2次試験(面接)では、言いたいことたくさんあるのに、「Sorry, it's time. You've stolen our question time.You can escape now.」といわれました。

こないだ、教え子がTOEIC受けるというので、「じゃあ俺も受ける。俺の半分とったら焼肉おごってやる。」といいました。対策はゼロ。過去問も見たことない状態で受けました。

で、990。なんじゃらほい。勝負した生徒は475をとり、「ひょっとして焼肉?」と期待したそうなんですが、僕のスコアを見て「ふざけんなよ!」と悔しがってました(笑)。

さて、この私のすばらしい経歴を見ると、多くの人が「すごい。」といいます。英語はもうネイティブなみ?とも思われる方もいるでしょう。実際、英検1級のレベルとしては、こんなレベル、らしいです。

でもね、こんなこと私できません。本人が言うんだから間違いない。

たとえばこのブログでも、日本語の後に英語で書いてますが、こんな英語しかかけないんですよ。それも、結構eijiro(オンライン辞書)を使っちゃったりする。これ書くときには「通じりゃいいよ。」というレベルで書いてるのでそんなに時間はかかりませんが、「恥ずかしくない」文章を書こうと思ったら、もう限りなく時間がかかる。

このブログの別記事にあるTEDのビデオも、ほとんど内容わかりません。ドラマとか映画も字幕なしだとほとんど理解できない。職員室の前の席に、ALT(外国人講師)が3人座っていて、休み時間にはかなり盛り上がってるのですが、会話の内容もわからない。(ALTは日本人英語教員に話しかけるときは、相当加減してくれますので理解できますが。)

それに対して、多読・多聴で英語を楽しんでいる人たちはどうでしょうか。

私なんかよりもよほど英語っぽい英語を、楽しんで使ってます。このブログの仲間が私の学校に遊びに来てALTと話している会話を聞いて、「この人帰国子女?」と思いました。(ウソでもおおげさでもない。)

私は「多聴」と称して、CALL教室(昔のLL教室ですね)で、生徒が勝手に1時間好きな英語のDVDを見るという授業しています。(日本語字幕、日本語音声を使っているのが発覚したら、その時点で単位を落とします。)半年くらいした後、英語字幕で見ていた生徒が字幕が邪魔、と言って字幕なしで見ていました。私が「おまえ内容わかるのか。」と聞くと、「全部聞き取れって言われたら無理ですよ。でもふつうに話しはわかるけど。」とあっさり言われました。私も同じDVD見てみましたが、もうさっぱりわからん。

そんなもんっす。

テストや資格なんて何の意味もない。学歴やテストでは超エリートの私本人が言うんだから間違いないです。

そんなもの気にせず、楽しみましょ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
I'm a "pro" English teacher. I went to one of the most prestigious natinal university. My university is placed in TOP RANKING according to the ranking system of a famous prep school. But, my prep test score which i took just before the real exam, was "E," which means, "it's very unlikely you pass the exam." Anyway, I passed it.

A decade ago, I was in charge of TOEFL preparation course at school. I thought it was impossible for ordinary high school student to get a decent TOEFL score, so I used the course to prepare for TOEFL myself. I took TOEFL, and my score was 633 on PBT. It was almost perfect.

Some years ago, I came to know the method of TADOKU (extensive reading without using grammatical knowledge and dictionary). I threw away my dictionaries. I haven't used dictionary even when I prepare for class, cuz now I think it's meaningless to teach students the words which are unfamiliar even to me.

Last year, I took STEP (EIKEN) test, the most prestagious English placement test in Japan. How did I prepare for it?  I read newspaper on commuter train for about a month. (each day, about 20 minutes). Three days before the test, I did the previous test, though I didn't do the listening part. I bought a vocabulary book for the test, but I glanced it for half an hour, and threw it away, hahaha.

 And it was successful. In the interview (the 2nd step of the test), the interviewer said, "Sorry, it's time. You've stolen our question time. You can escape now..." though I had much more things to say...

One of my students told me he would take TOEIC. And I told him I would take it and I promised him I would invite him to a Yakiniku restaurant if he could take half of my score.

I didn't prepare at all.  I didn't even have a look at previous test question.

My score. 990. What's this? The student got 475, he would have imagined he won, but seeing my score, he gasped, "You're kidding!"

Well, many people are amazed with my marvellous academic background and test scores. They might think I am as good as a native speaker. Acutually the STEP organization says the level of the 1st grade is to be able to handle English almost in every aspect of daily life or in buisiness or academic activities.

However, I can't handle English as the organization says.  I swear.

Now I'm writing in English for this blog. But my level is like this. I use an online dictionary a lot. I don't try to be perfect writing the blog, but if I have to write a formal passage, like business letter or some kind of thesis, then it would take infinite time, or almost impossible for me to write a perfect English passage.

I don't understand the content of this video. I don't understand drama or movies in English without subtitles. In my office, my colleague ALT (native assistant Enlgish teacher) alway chat between themselves, but I don't get what they're talking about. When they talk to me, or a Japanese, they tries to use plain language, so I can understand.

Let's see what the people who enjoy leaning English are like.

They use much more natural Enlgish than mine, having fun. One of my friends (who co-produce this blog) visited my school. She talked with my colleague ALT. I was so surprised I was sure that she had lived in an English-speaking country. But it was not true. (I was not joking nor exaggerating.)

In one of my class, the students can watch dramas or movies in Englihs. (No Japanese subtitle, of course.) After having this class for half a year, I asked a student if he could understand what they say in the drama. His answer. "I don't think I can get all the language. But I can catch up with the story. Why do you ask?"

Well, I couldn't understand what was going on in the drama...

That's what "a marvellous academic career" or "top test score" is all about.

It makes no sense at all. Don't worry about tests. Just have fun!
 (Writer: TSJ)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

2012/03/25

リンガ・フランカ教育と英語教育 / TESOL & Lingua Franca

内田樹さんのブログで過去の記事「リンガ・フランカのすすめを読みました。 ウィキペディアには、「リンガ・フランカ(Lingua franca)は、「フランク語」、「フランク王国の言葉」を意味するイタリア語であるが、それから転じて、共通の母語を持たない人同士の意思疎通に使われている言語のことを指すようになり、現在では、「共通語」や「通商語」の意味で使われることが多い。」とあります。

内田さんが聞いたというこのようなエピソードを紹介しています。ある学会で、座長(だったかな?)が「この学会の公用語は英語ではありません。」と言い放ったのち、「Poor Englishを公用語とします。」と宣言したそうです。会場では拍手が起こったそうですが、私も拍手したくなりました。その学会では、共通のテーマがありますから、コミュニケーションにはpoor Englishで充分、なのですね。

poorというと聞こえが悪いかもしれませんが。色んなコミュニケーションに必要な英語は実はシンプルなものです。そのことを忘れると、目指すところを見失ってしまいます。コミュニケーション、というとついオーラルコミュニケーションをイメージしがちですが、意思疎通、ということです。読む、書くについても同じで、シンプルな言葉遣いがまずは基本ではないでしょうか。 

そして、このエピソードはある学会についてで、共通のテーマがあったはず、と先ほど書きました。私が常々思うのは、コミュニケーションで、一番大切なのはメッセージ、伝えたいことがあるか、だということです。伝えたいことが明確であれば、poor Englishで充分に(ひょっとしたらかえってしっかりと)コミュニケーションできるのです。装飾部分が多いと、メッセージの核が見えない、そんな風に思ったことは誰でもあると思います。 

私もその一人ですが、どうも日本人は和を尊び、自分の意見をはっきり言わない傾向があります。はっきり言わなくても、言うチャンスが来たときに言えるような意見があればいいのですが、いつのまにか意見を持たなくなってしまったり。だから、自分の頭で考える練習も同時にしていくことも大切です。 

リンガ・フランカとして役立つ英語を身につけるヒントが、超やさしいものから読み、聞いていく多読・多聴にあると私は思います。超やさしいものにこそ、コミュニケーションに使われる土台となる言葉が豊富だからです。 

内田さんは、「リンガ・フランカ教育」と「英語教育」とを分けるべきだと書いてもおられます。とても面白いので、みなさんも是非ご一読ください。
--------------------------
I read an interesting archived article titled 'Encouragement for Lingua Franca' on a blog by Uchida Tatsuru. I'd like to share it with you.

According to Wikipedia, 'lingua franca (or working language, bridge language, vehicular language) is a language systematically used to make communication possible between people not sharing a mother tongue, in particular when it is a third language, distinct from both mother tongues.'

Mr. Uchida introduced an episode he had heard from his friend who was a molecular biologist. 
At a molecular biology conference, the chairman gave an opening address saying, "The official language for this conference is not English," and then declared, "It's 'poor English'." And everyone gave an applause. Reading it, I felt like applauding, too. At each academic conference, they share common knowledge and they can communicate very well in 'poor English.'

The word 'poor' might give you a negative impression. We can use the word 'simple' for it here. I think it's not emphasized enough that as a communication tool we don't need any more than simple English. If we forget this, we will get lost in our efforts to acquire English distracted by the flood of information on language learning. 'Communication' includes not only oral communication, but writing and reading as well. For every kind of communication, simple use of words is a very important basis, I think.

At an academic conference, the members of course know what they are talking about. What is the most important for communication is to have a message, something you want to tell to the other person. If you know very clearly what message you want to give, you can communicate well enough or sometimes even better in simple English. We all know very well that it's difficult to receive a message buried in too many fancy words or expressions.

Japanese people including me often choose not to express their own opinion because they don't want to disturb the peace with others. Repeating this behavior, we may forget how to form our opinion. We always have to train ourselves to make our message clear even when we don't express it.

Tadoku&Tachou may be able to show a way to acquire English as Lingua franca. In Tadoku&Tachou we start with extremely easy picture books, and they are full of simple words and expressions which form the foundation of communication.

In the same article, Mr. Uchida says that 'Lingua franca education' and 'English education' should be separated. It is really interesting and worth reading. Please visit his blog.

(Writer:Mamazon)
 

2012/03/24

旅せよ多読本プロジェクト!!

今日は早朝からワクワクわくわく!
多読本が溜まってきたな、どうしよう?という方?やってみませんか、
BookCrossing.com 使って旅せよ多読本プロジェクト!

やり方は簡単。
sign upしたら、サイト右上、information にある how to bookcross を読んでください。
要は、本にIDをつけて旅に出す。
手渡しだったり、街中に置いといたり!
そして手にした人が、読んでいるよとサイトにIDをいれてくれたら、
自分の本が、今どこを旅行中なのかわかるという寸法。
その人とメッセージ交換もできちゃいます。
他のSNS、twitter, Facebook, Goodreadsとも連携していますから、
使い勝手もよさそう。

このサイトについては、voice of America special English にも記事があります。
(Rさんのfacebook情報です。ありがとうございました!)

さっそく、公民館多読の集まりで、埃かぶってしまっている多読本たちを、
広い世界に旅立たせてあげようと思います。
海外まで旅行できちゃうかなあ~

(と、このように、好奇心や興味さえあれば、
義務教育の中学英語で可能なことは、山ほどあるのです。
このサイトを読むのでも、ポップアップで日本語訳が出る機能をPCにいれておけば、
なんとなく理解できるってもんですよね。

いつまでも勉強していて、何かいいことありますか?
できるかできないかは問題じゃない。
使おうとするかしないか、そこが分かれ目です。)
(Writer: MrsMalone)

追記:日本でも支部が開設されていました。
まずは英語のサイトで登録して、how toを読んだする。
そうしてやってみようとなったら、こちらを参考にどうぞ。

2012/03/23

時間はかかります / Takes Time

昔からよく言われるのが、

「中学高校と6年間も英語をやっているのに、日本人は簡単な会話もできない。」

ということ。

「6年間も」という言い方がよくないですね。みなさんが中学高校で受けた授業の中で、「英語を使っていた」時間ってどれくらいあったでしょうか。英語で感じている時間はどれくらいあったでしょうか?

自分も高校で毎日授業をしていますが、50分の授業で、5分でも生徒が英語を「使っていた」としたら、それはもう奇跡的に大成功の授業だと思います。普通は1分もないのでは?日本語訳中心の授業だともう「ゼロ」でしょう。

だから「6年やった」というのはウソなんです。6年間の間に、「英語を使った」時間は1時間もないでしょう。

だからできるわけないです。

もし、理想的な授業を6年間受けたとしても、それでも少なすぎます。母語を身につけた過程を考えてみてください。1日12時間母語をあびつづけ、片言で話すまでに2~3年かかります。

スポーツや楽器だってそうです。スポーツや楽器だったら、1年くらいで「そこそこ」できるようになると思うかもしれませんが、歩けるようになって走れるようになって跳べるようになって指を自由に動かせるようになって、という、赤ちゃんのときからの身体動作も含めると、やっぱり相当な時間がかかってると言えます。

外国語だって同じことでしょう。時間はかかるのです。

だから、参考書や問題集やテレビやラジオの語学番組や会話学校や、そういうことをすれば、数年で「不自由なく英語が使える」なんてことあるわけがない。

じゃあどうすればよいか?

自分が「楽しい」と思う「英語の使い方」をやればいいんです。

そうすれば時間をいくらかけても苦痛にはならない。

そのためには、「できるようになる」「理解する」という考えを一切捨て、「楽しいか楽しくないか」って基準で英語に接してみてください。

好きな歌を歌うもよし。大好きなマンガを英語で読んでみるのもよし。英語でゲームをするのもよし。スポーツ中継を英語で見てみるもよし。家事をしながら、ラジオで英語を聞き流すもよし(ただし「語学番組」ダメです)。

そんな風に、自分の日常の中に、英語をどんどん取り込んでみてください

もう一度強調しますが、「わからない。」「できない。」と思わないことです。そんなことは関係ない。要は「楽しい」か「楽しくない」かです。

今後、「多読」「多聴」という、私たちが試してきたやり方についても説明していきますが、そもそも「やり方なんて気にせず、楽しみながら大量に浴びる!」ってことが何よりも大事だということをここでもう一度強調しておきます。(あれ?どっかの予備校のCMになってしまった。)

さて、どうしても「そんなんでできるようになるはずないじゃないか。」とお思いのあなた。

もしかして、心のどっかで「数年勉強すれば英語ができるようになる」と思ってませんか?高校生でこういう質問する生徒は結構います。

「どういうやり方がいいですか?」「どんな問題集がいいですか?」「このやり方はよくないって○○先生が言ってたんですけど。」「塾の先生は、こういう講座もとった方がいいって言ってたんですけど。」

こういう生徒は残念ながら、お勉強もできるようにはなりません。心のどっかで、「楽してできるようになりたい。」と思っているからです。別に「苦労しなさい!」と言いたいわけではないですが、どんなやり方でも、そんなに短期間で何かをlearnするってことは不可能です。でも、「どこかに夢のような学習法があるんじゃないか。」そんな幻想を、教育業界はついてきます。で、未だに多くの人が騙されてしまってます。

本屋に行けば、参考書や問題集、学習関係のマニュアル書が山のようにあります。毎年新しい本が何百冊も出ます。このこと自体が、「夢のようなマニュアルはない。」ということの証拠ではないでしょうか。

幻想を捨て「時間をかけて」「楽しみ」ましょう!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

"With as long as 6 years of learning, Japanese people can't even handle daily conversation in English."

This is what has been told about TESOL in Japan. But, wait a minute. Could we really say they learn "AS LONG AS 6 YEARS"?

If you're Japanese, you had English classes in junior high & high school. But in a single English class (which usually lasts 50 minutes), how many minutes you used "English" for?   I' sure you didn't think or feel in English at all in those English classes.

Actually, I teach English at a public high school. If I could make my students "use" English even for as little as 5 minutes, then I would be very satisfied with my teaching. In ordinary Japanese schools' English classes, where they teach only how to translate English passages into Japanese using grammatical knowledge and English-Japanese dictionary, students must use English for almost "zero" minute.

Of course, they can't use English after 6 years of these classes!

Even if those classes were super-good and you could use English all the time during the class, still, it's too little to "master" English... 

Think of playing sport or musical instrument. You might think you can learn to play sport or instrument pretty well in a year or so, but if you include the time with which you learn to stand up, walk around, jump, or move your fingers as you wish, then you can't say "in a year or so." Sí, señor. It takes time.

So if you want to learn English, you should take much time. That's why you should have fun learning it!

In order to "have fun" learning English, you mustn't think "Oh, I can't understand it!" or "I'm not good at all..."

JUST USE IT AND HAVE FUN!

You can read your favorite "MANGA" in English, you can sing your favorite songs in English, you can just tune up you radio for English-speaking channel, watch your favorite drama in English with youtube, you can chat in English, play video games in English....

You just have to have some time with English in your daily life. That's it.

Well, you still doubt it?

You still might think that there is a "perfect" method of learning English, which would enable you to master it in a year or so... Actually, many "ads" could make you believe you can learn it easily with some "fabulous" method. They want your weak points and they attack it. Don't be naive enough to let them deceive you!

There are innumerable books on how-to-learn-something. Each year we have more than 1000 books of these kinds, which makes it clear that there is no such a thing like "perfect method to learn."

Many of my students have asked me like...

"What is the best way to ...?" "Mr. So and So told me that this method was not effective." "My teacher at prep school told me to use this workbook."etc,etc...

Unfortunately, those students can't get good score, cuz they just want to achieve something without effort. I don't mean "effort" is supreme thing (as most Japanese teachers and parents think...). What I want to say is you can't learn anything in such a short time.

Again. It takes time. So don't think twice, it's alright if you're having fun!

(Writer: TSJ)


2012/03/22

なぜ、多読・多聴なのか

多読・多聴については、検索や大手書店の英語学習コーナーを見てもらえればわかるように、
相当な数の人が実践中なのかと思われます。
そのやり方についても、やさしくたくさん、多読三原則など様々、
使う素材も、教材っぽい本を好む人から、
iPadなどのgadgetを利用して多読する方もあるでしょうね。

ところがです。

こうした流れに乗っている、そもそも気づいている英語の先生って、
いったい何パーセントいるのだろうか?
中学の先生向け研修会で、これまた某有名大学の教授が自慢げに話したのは、
「私は年に十数冊のPBを読みます。」
だったそうです。

・・・・・
ちなみに暇人な私は、専門書は少なくて娯楽小説が中心ですが、
週に2、3冊。月で十数冊。
年なら100冊ぐらいのPBを読んだり、audio bookで聞くことを目標にしています。
これでも英語の先生という肩書を使うには、まだまだ足りないと感じるんです。
それなのに、英語の専門家が年に十数冊って、悲しすぎやあしませんか?
・・・・・

とまあ、日本の英語教育に徹底的に足りないのは、
”量”
ですね。
(長くなるので省きますが、量が大切だからといって、何でもいい、
例えば、プロゴルファーが宣伝しているような聞き流しがいいと言っている
わけではありませんよ。)

このブログは複数のメンバーが投稿を上げる形をとりますが、
この”量”が大切、という点では、みな一致しているものと考えています。

さて、ここでもう一つ、私が10年ぐらい多読・多聴を続ける中で、
きわめて重要なのに、学校英語ではその重要性に気づいてもいないのか、
正反対の教え方をしていると思うことがあります。
それは、至極あたりまえのこと。つまり、

「言葉の流れのまま理解する」

ことです。
日本語を読むとき、返り読みしませんよね。
文章をひっくりかえしていては、英語で会話なんてできませんよね。

でも、これってとってもとっても難しい。
私の場合は、簡単な文章であれば流れのまま理解できますが、
少し専門的なものや、文学作品になると、限界があります。

学校英語では、中1の初めから日本語訳の練習しますよね。
単語の語順を変えて理解することに、何の疑問も持っていない様子。
でもこれこそが、英語の使えない日本人を量産する学校英語の、
最大の弊害だと考えています。

日本語に変換する能力、技術は、翻訳者だけが獲得すればいいもの。
生徒には、英語は日本語に変換すれば理解できる、
という幻想を与えてはいけない。

じゃあ、どうやって初歩の初歩を指導するんだ、ってことですよね。
そこで、もどってくるのが、
「ごくやさしい本からはじめる多読」というわけです。
(Writer:MrsMalone)

2012/03/15

教員研修にいかがでしょう?


こちらでは、初めての投稿になります、MrsMaloneです。どうぞよろしく!
私は英語を専門にやってきたわけではありませんが、
縁あって、都内の私立高校にて多読の講座を担当させてもらっています。
その関係で、小学校から大学まで、様々な職場で働いていらっしゃる、
英語の先生とお話させてもらうことがあるのですが、その様子を見ると素人ながら、
「こんなんでいいのだろうか?」と疑問に思うことが多いのです。

その一端をお話しますと...

最近は教師の「研修」というのが頻繁にあるようですが、
その内容は一般の人には知られていませんよね。

知り合いの高校の先生も言ってましたが結構「悲惨」なようです。

例えば。。。

英語教師の研修に、知り合いのパートナーである英語ネイティブの先生が行ってレクチャー。

レクチャー後、感想を書いてほしいと紙を配ったら、
先生同士で何やら話し合いが始まり、
"I'm sorry. I didn't understand what you said, so I can't write anything." といったことを、

ほとんどの先生が判を押したかのように書いていたそうです。

とか、

東京のとある町で、小学校英語活動まとめ報告会があったので、参加してきました。

その公開授業を見ていて、参観している私のほうが恥ずかしくなってしまいました。
冷めた表情の生徒といっしょに、お買いものごっことか、
生徒を引き付けようと、先生は必死なオーバーアクション。
中でも仰天だったのが、その後に行われた講演会です。


演者の先生は、英語教育といえば誰もが知っている大学のお偉い方で、

小学校英語活動を促進されている方のようでしたが、
その方のイギリス留学思い出話を聞いて、あきれて私は退場してしまいました。

「僕は魚釣りがすきなので、イギリスにいたとき、釣りに行ってみたんです。

ちょうど現地の人がいたので、”ここは釣れますか?”って話しかけたかったんだけれど、
rodとかlineといった日常に使う表現を知らなかったので、おしゃべりができなかったんですよ。
だからみなさんには、コミュニケーションに役立つ英語を学んでもらいたいのです。」

は?

コミュニケーションがとりたいのですよね?それも目の前の人と??
でも、魚釣りの話に必要な単語が出てこなかったと。
えっと、そんなことは、英語を使うようになると日常茶飯事ですよね?
だったら、身振りでも手振りなんでも使えるものを使って、思いを伝えればよくないですか?
単語を知っているかどうかじゃなくて、コミュニケーション能力の問題のような・・・


日本で「英語教育」を仕切っている人がこういう始末なのです、残念なことに。
100人を超える聴衆の先生方は、みな、真剣にこの話に耳を傾けていらっしゃいましたが、
目の前のイギリス人と一言も会話ができない教授さまが、
現場の先生に「コミュニケーション」について語る? おかしいでしょう。。。
・・・・・

と、限りなく書きたいことはあるのですが、また次回ということにして、
今日の提案は上の動画です。

英語を教えているけれど、この動画を見て議論ということができない先生も多いでしょう。

(私も、ついていけない部分はたくさんあります。けれど、肝心なところはつかめますので、
話し合いならいくらでもできそうです。)
大学や教育委員会主催の「研修」や「授業研究」なんてことはおいといて、

まずは「楽しみ」ながらこんな題材を見て、あれやこれや考えてみるのはいかがでしょうか?

多読・多聴ってことを知ったらもっと楽しみは増えますよ。この先は、また次で。

(Writer: MrsMalone)

2012/03/13

教育って何のため?

学校や塾や専門学校、英会話学校や「資格」のための学校、カルチャーセンターなど、日本には「教育機関」があふれています。

でも、「教育」とか「学習」の本当の意味って何でしょうか?

どうも今の日本(というか、戦後の日本、いや戦前から?)は、あらゆる教育の目的が「大学入試」や「就職のための資格取得」になってるような気がします。

教育関係のお偉い学者さんたちや、教育評論家の大先生方は「こんな教育では世界から取り残される。」と言い続けています。でも、現場も教育を受ける側も「入試」や「資格」にしか目がないとしたら、それはもう取り残されて当然。だって、入試や資格で「本当の力」なんてわかるわけないですから。

英語がいい例です。もう何十年も前から「日本人は英語が使えない。これではダメだ。」と言われています。今から10年前には文科省が「英語が使える日本人」の育成のための戦略構想」を策定しました。当然、この戦略構想には莫大な「税金」が使われました。私は都立高校で教員をしていますが、この「戦略構想」の一環で、夏休みに5日間「研修」を受けさせられました。(日本中の全公立学校の英語教員が研修を受けたはずです。これだけでどのくらいの税金が使われたことか...)

その結果どうなったでしょうか?英語が使える日本人は増えましたか?

増えてないです。断言できます。みなさんの実感もそうですよね。もし増えていたら「社内英語公用語」なんて話は出てこないはず。

話を「教育の目的」に戻しましょう。本来、教育ってのは「人生をより豊かにする」ためのものです。英語で言えば、英語を「使える」ようになれば、今までにない楽しみが得られるはず。それは「入試」とか「就職のための資格」よりもずっと価値があって、一生ものの財産のはずです。

国語や社会や数学や理科だってそうです。「楽しむ」ってことを教える側が考えれば、もっと多くのこども、いや大人も本当の力をつけていくはずでしょう。

でも、こういう教育が実現するには様々なハードルがあります。「教える側」の問題は無限にあり、これはもう簡単には解決できないでしょう。

そこで、私たちの提案は、「学習する側」、つまりみなさんの「意識」を変えるということです。最終的には学校や塾の教師や、教育関係の本でがっぽり儲けている出版社などを相手にせず、みなさんが「学習することでどんどん人生を豊かにしていく」ことができれば、それがベストだと思います。

このような視点で、私たちはいろんな提案をしていきたいと考えています。

ご質問、ご意見大歓迎です。是非コメントしてください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
Well, there are so many "educational institutions" in Japan. Besides public or private schools, many youngstars go to JUKU (cram schools or prep course) to prepare for entrance exams, to Senmongakko (academies) to get certification or qualification....

But what is "education"  all about?

To me, it seems like any kinds of education in Japan are only aimed at "passing examination." or "get certifications to have a better jobs"

"With the poor quality of our education, Japan will never be left behind in global competition." This is typical critics from "specialists" in education. But, if both teachers and students only aim at "test" and "certification," it's to clear we will be left behind. You can't see "real ability" with test or certification.

English is a good example. It has long been said "Japanese people are poor in English." Ten years ago, Monka-Sho (Ministry of Education and bluh-bluh-bluh) published ""Strategic Plan to Cultivate'Japanese with English Abilities," for which a great amount of tax money was spent. I myself teach English at a public high school. But with this "Stragetic Plan" I had to take OJT for 5 days during summer vacation. (EVERY single English teacher in Japan was forced to have this OJT.) Well, how much did it cost? Of course, all the money is from your tax.

As a result, what's up? Do we have much more "Japanese with English Abilities."

No, sen~or. I declare. NO! I'm sure you feel the same. If we had more of those English-fluent Japanese people, then nobody would come up with the idea of "English as THE official language of a company."

Let's go back to the topic of "purpose of education." It should be "to make one's life richer." As for English (or a foreign language), if you could use English, you could have more fun! That's it. And it's much more valuable than to have better score in tests.

We can say that for other subjects such as Japanese, Social Studies, Math and Science. If only teachers were concentrated more on "learning for fun" then more and more kids could develop their real "ability."

But actually, we have too many obstacles to change their attitude.

So, we suggest, you, learners should change your attitude toward learning. You should never listen to your teachers, or any educational publishers which are making so many yens threatening you. All you've got to do is have fun learning and make your life richer. That's the best way.

Well, it's our point of view.

Any questions and comments are welcome!

(Writer: TSJ)