TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/09/30

発音への過度なこだわり

It's got really easy to buy English books or listen to English audio thanks to the development of the internet, and you can immerse yourself all day long in the world of English if you like. However, it's still very difficult, almost impossible, to find people around you who you can enjoy English conversation together in daily life unless you work for an foreign based company or you have someone, native speakers of English, in your family or in your close circle of friends in the neighborhood.

It's also the case for me and I have nil time to speak English. I really truly want to spend my time in English and I'm longing for that opportunity, but you know, I can't leave my family behind and let myself enjoy the life abroad or I don't wanna have a talk over a topic that doesn't appeal to me just because I can have a chance to speak English. I'm dreaming to go to some town in England sometime near future with my family, but I don't know if the right time comes...

Anyway, I'm so fed up with whining over the lack of chances speaking English, so after a looong absence, I started an online conversation lesson again in one of the services that offer lessons with reasonable fee. And to my delight, I got to find two very good and intriguing teachers just right for me, who tend to be more assertive and gabby when it comes to speaking in English.

Both of the teachers have been teaching English for more than several years and they know what the Japanese students like very well. Interesting thing is that when I came across those kind of teachers they often ask to me with sincerely curiosity that how I learned English conversation. I'm often said that I have my own accent that is totally different from other Japanese and my accent can't be placed exactly where it's from. I don't know if I should take those comments as a caution or a thing uttered from mere curiosity, but I can enjoy friendly conversation with them, so how uncommon or peculiar my accent can be, I find no reason to make my accent to more of a standarded one.

When I got those questions, I always try to explain the reason with my history of tadoku and how effective and enjoyable to learn English through tadoku. Of course, they've never heard of a word tadoku or the concept that you can learn the best you do English with whatever the materials that interest you the most, they don't seem to be satisfied with my assumption, but they say it's really good to know someone like me who's been through a different approach from other conventional ways for their further teaching carrier.

Some might say that English teachers are used to variety of pronunciation, so even if mine is hilariously strange, they try to understand and won't say anything to discourage me from taking more lessons. I know that's quite true. But whatever the situations are, I don't remember any moment I can't communicate smoothly with people abroad. About a year ago my family got people from Australia and their pronunciation was very hard to grasp, yet there was nothing I can't manage.         

So, what I can't understand is that why many people in Japan try to acquire so beautiful and native like  pronunciation? There are some schools which claim that people can't understand English well or you shouldn't start tadoku or other English learning method unless you master the correct pronunciation of English. Huh? what is the correct pronunciation? There are uncountable number of different pronunciation and accent in the world, then how are you going to pick one? What do you think the standard English in this age? English spoken over BBC? or the English spoken in big cities? The teacher I talked with yesterday said they think Canadian English is more like a standard, and I think it's quite understandable that I have some friends in Canada and their English is free from slang or strong accent.

私は日本人の中では英語が話せないのです。私の発音にみんなぎょっとしているだろうなと思って。実際、丁寧にしゃべろうという意識なくしゃべってしまうと、理解してくれる日本人は少ないので、自分の発音に問題があるのだろうかって悩んでしまうこともあるぐらい。で、たまに外国の人と話す機会があると、あー別に問題ないよね、これだけおしゃべりできるんだから、となります。
日本で暮らしていると、英語で気軽におしゃべりするチャンスは少ない。だから発音矯正とか、いろんな怪しいビジネスも成立する。でも発音も使ってみて、こんな感じにしゃべれたらいいんだな、というほどほど感覚をつかむ、それが大切だろうなと思ったことです。

Mrsmalone wrote

2012/09/23

Oxford Reading Tree もう読んだ?

最初はtadokuというタイトル付きで始めたブログなのに、
(その後、話しの幅を広げていきたいなと、タイトル変更してますが)
ORTの話題、あまりしてませんでしたね。

英語多読本といえば。。。

ORTは大手書店の洋書コーナーなら、置いているところもあるはずです。
何度読み返しても新たな発見がある、よーくできたシリーズです。
教材であり、親の愛情から生まれたほのぼの作品でもあり。
私は、中学段階でこれがスラスラ読めるようになれば、
あとは何もいらないと思うんですよね。
日本の英語教育って、あれやこれや求め過ぎて、
結局、何も身についてないってことが多いような。。。

Above is a link to a post about Oxford Reading Tree series. That's the one I strongly recommend to anyone learning English in Japan. It's from Oxford University Press and meant to be a side reader for children at school, but they're too good to be kept only for children. How good your English is or how old you are, it's a must series for learners to have a look and get familiar with the process of how native speakers of English learn to read, and think over the way of learning English as a EFL learner. They opened an ebook store recently and you can now listen to audio of several titles from the similar series. Don't miss that splendid site too!

Mrsmalone wrote

2012/09/20

オフします meet-up on 10/6, Sat

10月6日(土)に吉祥寺駅近辺で、小さな集まりを開く予定です。午後3時くらい~。

4、5人のこじんまりしたものになると思いますが、
もーし関心のある方がいらっしゃれば、メールにて連絡をしてください。
詳細をお送りします。

Some of the blog members are going to get together either at Kichijyouji on 6th Oct, Saturday, from around 3 in the afternoon.
It'll be a small meet-up of four to five people, but with lots of chitchat. Anyone care to join us? Please leave a comment or send us an email, then I'll send you a mail with more details. Thank you!

2012/09/17

Yo dudes

Note: This might not be your interest if you are not into self-development in TESOL area.

Introduction:
At the edge of Eigo village, there is a cave used as a secret place to meet with other residents. Once a while, they gather and show their rare and precious findings. They also discuss each finding as they enjoy time with others.

Last year I helped my uni's desk ( Aston university in UK) at JALT National (http://www.jalt.org/), providing information on Long-distance TESOL Master's and PhD courses. It was held in Tokyo and many of my friends came and shared a great time. When we went out to a local curry restaurant on the first day, one of my friend who had become the president of JALT Yokohama, known as Yo-JALT, asked me if I found any presentation interesting. I immediately answered, "Action Research ones!" Back then I had started reading some research methods for my study and one of them, Action Research, know as AR got me interested. There were a few presentations about AR and I attended some with high expectations. The presenter of Yo-JALT, Robert Croker's one was the one I learned and enjoyed the most. I told how practical, interesting and engaging his presentation was with heaps of interactions with other participants. We, all participants of his presentation wanted to carry on the discussion we were in.

Ta-da! After a year, my wish was granted. Prof. Croker is coming to Yokohama. Yo-JALT is one of the friendliest and the most enthusiastic group of educators and researchers of all. Yo-dudes also love to have fun!

If you are a teacher who wish to develop yourself as an educator/ researcher in TESOL, this is your place.

Personally, AR can be relevant to ER/ tadoku if you are looking of  a way to measure something unmeasurable or to show something absolutely invisible to somewhat visible. AR is for someone who wants to see what exactly going on in your classroom through your own eyes. For me, AR is a great way to record and examine the journey I facilitate in the little unique and peculiar entity, called classroom. In order to find some ways to liberate and encourage all the participants on the journey with numerous restrictions, namely Language learning, AR can be useful.

This is definitely not for novice learners but for crazy gold diggers for EFL. In other words, this is for a person who enjoys finding a gem in the vast universe of egoistic bullshits.  Kindred sprits are guaranteed to find if you join Yo-dudes :-)

http://jalt.org/events/yokohama-chapter/12-09-23

chico


2012/09/16

Are you curious enough?

Good morning, everyone! I just came back from a short walk in the cool crispy morning air. It looks like we're going to have another fine day today around here in Tokyo. Now, I'd like to inspire you, as chico-san did in the previous post, with some interesting link about curiosity.

There are so many people in Japan who keep learning English hard and pour lots of money and time into learning even after their graduating school, and to my great astonishment, some do it without any particular purposes. What is good about that? I don't know. Well, if you don't give up no pursuing for some higher goal and continue studying something seriously, then it might look that you're a person with overwhelming amount of curiosity. Yeah... But I highly doubt that when it comes to leaning English. Are you truly, really curious? Does your passion for study stem from sheer drive of your honest mind?

If you can't stop leaning English just for taking a good score with test or you're able to feel content only when you can boast about your good score, and if you don't seem to be able to gather up the courage to use your vast knowledge of English in real life, then it could be that since learning English has been something you have to do regardless of your motivation but compulsory, then that made you grow some peculiar mindset endlessly and you're likely to forget about what it's really like to be curious enough.

Here is a link I'd like to share with you guys. I think its English is very straightforward and comes into your mind dearly.
Hope to hear from you what you think about the post.
Have a nice weekend!
 The Secret to Being Self-Taught: Curiosity

wrote mrsmalone.

2012/09/12

Need to be inspired? Here you go!

http://www.youtube.com/watch?v=ji5_MqicxSo

Who needs inspiration ? I do!! When I am having one of those bad day, I listen to some inspirational speech. This is one of them. I read his last lesson as well.

This for those who need to be inspired to do the best you can today :-)

Cheers
Chico

2012/09/09

A tip for fun event.

http://bethepeace.com/

Joining things like this make my day :-)

For teachers/ coaches/ parents
http://www.psychologytoday.com/articles/199707/finding-flow

This is a great reading to find Flow in your students / children :-)

Happy Sunday!!

chico




世界を視野に活動する英語とは

まずはリンク先の記事をどうぞ。
映画監督 岩井俊二スペシャル
(以下抜粋)
ある時、急に英語がわかるようになった、という経験は、今に至るまでありません
「英語上達のきっかけは、読書
いつの間にか、知らない単語が1ページ中に2つか3つになっていました」
「日本語の脚本においては、自分は日本有数だと思っていますが、それと同水準の脚本は英語では書けません。でも目指すべきレベルは知っているし、誰にどう聞けばぴったりな英語表現が出てくるかもわかります。」

いつも私たちが繰り返していることと同じですね。

英語獲得には時間がかかる。多読がいい。地味に続けていればいつか変化の時がくる。

そして最後の目指すべきレベルということですが、

これこそインプットをたくさんして、使うこともたくさんするようになると、見てくることなのです。
何か目的を達成するために、短期、長期的に自分が「到達可能」な目指すべきレベルがわかるのです。
そして、どうやってもすぐには乗り越えることが出来ないこと、足りない部分は、
信頼のおけるネイティブの力を借りることによって、自分の英語を世界で通用するレベルにまで上げ、
世界を視野にいれた仕事ができるようになるのです。
それは私が趣味の分野でもやっていることで、
茶の間でせんべいをかじりながらでも、世界を視野に活動することができるのです。

でも、資格試験のような点数だけを指標に英語力を上げていくと、

自分の英語がテスト以外の世界で、一般社会でどこまで通用するのか、
見えてくることはまったくありませんよね。
そのために「資格試験で高得点がとれる = 世間で通用する英語力がついた」んだと、
テスト実施機関が「吹聴」している言葉を鵜呑みにして、得意になり、
実際に使っては、恥ずかしい思いをしたり笑われたりする結果になることがあるわけです。

やっぱり英語のことは「使っている人に聞く」ですね。

 (Writer: Mrsmalone)
 にほんブログ村 英語ブログへ  

2012/09/07

Feel the momentum

多読本貧乏、ebook貧乏、そして今やアプリ貧乏になりつつあるというのに、
ずっと多読の魅力を語ってきたこの10年間。
いったいどこからそのパワーが湧いてくるのだろう~。

それは、時代のmovementを肌で感じるから。
この動画と同様なことが、日本のそして世界の語学教育界に起きていると信じているから。

日本の狭い英語教育の世界で、相変わらずな単語熟語暗記、和訳、
といった授業を続けている先生は気づいていないかもしれないけれど、
そういう先生たちは、この動画で言えば座り続けている側になるのですよ。

のほほんと大勢の側にいると安心して、座り続けていたら。。。
Huh?なんか座ってる人、少なくなってない??と気づいたときには、
あなたはマイナー側?!
ドンちゃんやってるバカな集団と笑っていた人たちが、主流になり、
逆に、まだ座ってるよーあの人、と、今度は笑われる側になるかもしれないのですよ?!

lone nutやtwo nutsがridiculeされる段階はもうとっくに過ぎています。
私たちのようなcrowdが形成され、
そしてmomentumなtipping pointがもうすぐそこに迫っています。

あなたもそろそろ重い腰を上げて、私たちと一緒におどりませんか?
そのすがすがしさは、例えようもないほとaliveです。

 (Writer: Mrsmalone)
 にほんブログ村 英語ブログへ  

2012/09/06

絵本読み聞かせサイト

(他にも似たサイトがありましたが、今もあるのかな?)
いろんな分野の、市長さんもいるぞ?!
有名人による英語絵本の読み聞かせでーす。What a treat!

Read to me

(Writer: Mrsmalone)
 にほんブログ村 英語ブログへ  

2012/09/04

Broken English is good enough!

Today,  I will try to experiment a new way of writing. It is call interlingual writing.
Well, I can do only two languages so that it can't be inter-lingual but please wait till I learn the third language. Today is only bilingual writing.

Note: Interlingual writing idea is from a poet, Sawako Nakayasu, the interlingual poet who is a trilingual, speaking  English, Japanese and French.
http://www.sawakonakayasu.net/artifactreading/

A story behind: I took one day writer's course in Tokyo a few years ago. I met this incredible poet who uses three languages freely and creatively to express her own identity. It hits me with an realization that languages can be freely played and created in an unique way.

Baliにこの夏行きました。Baliの方々は、英語がfluent. すると、我がUK出身のパートナーは、ビーチでサーフボードをレンタルしている少年に向かって、

"Where did you learn English?"

すいません。この無礼な質問。教員生活が長いと平気でこんな質問をするようになるんです。ま〜、とにかく

The boy answered,

"Junior high I learn. Why? "

すると、パートナー氏は、
"You speak English very well."

本当に、すいません。この教科書から出て来たようなフレーズ。日本が長いんで。

すると少年は、

"Need English. Business. Important. Good English. good money!"


彼の場合、 fluent in Englishというより、 fluent in communicative competenceだったのです。
He can communicate well and he can make English speakers understand what he meant.

でも、彼の英語を話す目的は十分達成されていて、問題ないですよね。
私たちも、「正しさ」ばかりに気を取られずに、通じる英語を目指していけばどうでしょう?

"English? OK! I can! "

いいんじゃない?
Baliでの空港からホテルまで、私たちを届けてくれたガイドさんの日本語もfluent。冗談まで言えてしまうほど。彼は、たった6ヶ月の講習で話し始めたそうです。

He started talking before he became fluent enough!!!

「これね。ここは、ここね。わかる?いい?大丈夫ね?問題ナシゴレンね!」
というような日本語。でも、用は足ります。彼と我々のコミュニケーションの目的は達成でした。

どうでしょう?Isn't that good enough for you?

旅先でガイドブックの表現集とかを見ながら話すのでなく、身振り手振りを加えつつ、知ってる言葉を並べて、まず使ってみたらどうでしょう?

あのBeach Boyは、彼の英語で、British Profと1時間以上会話をしてましたよ。

Why don't we?

Cheers
Chico

 にほんブログ村 英語ブログへ  

2012/09/03

Bye Bye Vocabulary!  単語なんてどっか行け!

とりあえず、忘れないうちにと思い、書きます。

単語学習。

なんで、こんなにはびこってんのか。このブログで批判してきた「巷の学習書」の大部分を「単語集」が占めてますよね。でも、1冊完全に暗記したなんて人見たことないし、もしいたとしても、私たちはそれで英語(や外国語)ができるなんて思ってません。

今日、ふと、高校の「現代文」の教科書を読みました。ヒマつぶしの読書として。そしたら、結構これが面白い。読み物として読むとおもしろいのがつまってるんだなーと再発見。

で、その中に井伏鱒二の「山椒魚」がありました。

この作品、本が大嫌いだった中1のときに読まされてなぜだか「感動した」記憶があるのです。最後のシーン。かえる君が「今でもべつにおまえのことを怒ってはいないんだ。」という部分ですごく感動した記憶があるのです。

で、今日読んでみて思ったのは、中1の私が「知らなかった」だろう単語や表現(文法?)がわんさか出てくるのね。

「コロップ」「狼狽」「思いぞ屈せし場合」「岩屋」「密生」「穏花植物」「疎んじる」「一叢の」...

まぁこんな感じです。「日本語は感じから語感だけはつかめる」っていう事実を差しおいても、こんだけ「知らない単語」が多ければ辞書ひかなければ読めない、と考えるのが、日本の英語学習の常識でした。

でも、感動できたんです。

こう考えると、みなさんも同じような経験あるはず。

読むときも「全部わからなければいけない。」なんて幻想なんです。

そして、「単語は単語集で覚えなきゃいけない。」ってのはさらなる幻想なんです。

TSJ Wrote

 にほんブログ村 英語ブログへ  

英語が使えるとね。Part 1

日本語での投稿は、妙に肩に力が入る。なぜか、完璧に書かねばならぬ感が芽生える。英語なら「間違えて当たり前」だから気が楽。だって、英語は母国語じゃないもーん。

こんなことをいつから言えるようになったのか!と考えてみると、アメリカ、アーカンソー州でのホームステイ後半あたりの気がする。開き直りってやつ。これは、強い。怖いものがなくなる。そして、一度開き直った心はパワーを増して大抵の事は気にしなくなる。元々は、小心者で、かっこつけることばかりにこだわっていた私のレボルーション。

間違えるとはずかしい!
通じなかったらどうしよう!
何言ってるかわからん!
バカって思われてない?
日本語なら、もっと賢そうなこと言えるのに。。。

と思って言葉が出なかった前半に比べて、一ヶ月後の私の開き直りブリは見事だった。
どこでも一人で出かけた。パーティーでポツンと一人ぽっちになることもあったが、気にしない。ワイルドなアメリカ味を楽しんだ。ズーズーしいことに、小学校で日本語を紹介したり、日本文化を日本の代表顔して、片言英語で紹介したりした。私のホームステイしていた家の前にスクールバスが停まり、珍日本人見物をされた時も、めげすに天皇一家のごとく手を振っておいた。最後には、ローカルなケーブルテレビで、さよならスピーチまでしてしまった。当時は、必死だったので、恥ずかしさは感じなかったが、今振り返ると恥ずかしくて顔が真っ赤になる。とにかく言える事は、
"Hi, please call me Chico. I am from Japan. I like Ozark. I like America.Thank you."
程度だった。

でも、皆は笑ったりしなかった。かわいそうと思ってるだろうな〜と思う場面も多かったが、ホストマザーやファーザーやシスターの支援もあり、'Good enough moment'を迎えられ、帰国後は本気で話せるようにしようと、語学学校に就職し、英語を毎日使える環境に自分を置いた。毎日必死の英語漬け生活。1年後には、英語で夢を見るようになった。かなり酔っぱらったときには、電車の中の人たちが全員英語を話しているという恐ろしい幻聴も起きるようになった。

そして、2年後(くらい)のある日、ホストマザーがシスターと日本にやってくるという手紙を受け取る。来日してくれた二人を、鎌倉へ連れて行って、おもてなしをする事が出来た。英語で、初めて心が通じ合った瞬間も味わえた。マザーもシスターも私の変化に驚き、同時に心から喜んで、たくさん褒めてくれた。本当に一日中笑いっ放しで、楽しかった。本当に、心からうれしくて、楽しかった。満足だった。

こんな幸せな体験を独り占めするなんて、なんだかひどいな〜と思う程の幸せ感。
そのときに、この幸せ感をシェアするようなことをしたいな〜と思い始めた。そこから自分で児童英語教室を始めるまで、10年近くのtrials and errors. そして、娘の誕生とともにお教室を開いて、地元の子供達と英語の世界探検を開始出来た日は一生忘れない。そこから、すでに13年。まだ、まだ、探検することはつきない。

周りの景色は変わり、私の使う英語も変化を続けている。でも、変わらず口ずさむのは、"Good enough!" というおまじない。

皆さんも、ぜひ"Good enough!" で、解放されて英語で遊び始めませんか?
Something amazingly unexpected might happen on you as well with the spell!

(Writer: Chico)
 にほんブログ村 英語ブログへ