TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2014/02/21

(再掲)第一弾電子書籍のことでお知らせ

第一弾ebook「しゃべれないあなたは悪くない!英語力が伸びるホントの方法」
のことで、残念なお知らせがあります。

取り次ぎをお願いしている業者さんの都合で、これまでのebookが一旦削除され、再度、新しい電子書籍としてリリースされました。
そのため、本当に残念ではありますが、たくさんいただいたレビューが消えてしまいました。申し訳ありません。

皆さんに書いていただいたレビューがあったからこそ、星の数ほどある英語関連書籍の中にあって、埋もれることなくサバイバルできたebookです。私自身もかなり戸惑っておりますが、個人の力ではどうしても限界があります。 

どうぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。


*******
最近はツイッターでの発信をふやしておりますので、質問等ありましたら、お気軽にツイッターのリプライやメッセージをご利用ください。

ちなみに昨日は、写真を趣味とする方からメッセージをいただき、カメラや写真が趣味であれば、海外でも友達を作りやすいだろうなあと調べたら、こんな活発なフォーラムが見つかりましたよ(^O^)
DPREVIEW

2014/02/10

TEDにも参加

行き詰まってしまっている英語教育をなんとかしたい!と願っても、
一人では「現状維持」勢力に太刀打ちできない。

でも、同じ思いを持つ仲間が、二人、三人・・・、になったら、
じっとなんてしていられない、突き進むだけ!

そんなわけで、TAB tadoku and beyond! に共感する仲間と一緒に、
そのメッセージを世に広めるべく、
電子書籍を出版したり(来月にも新刊が出る予定です)、
読書推進関連の本を翻訳したり(年内出版予定)、
新聞に投書したり(東京新聞に掲載されました)、
いろいろ活動しております。
おかげさまで、手応えは十分。
文法解説&訳読オンリー、そんな授業がなくなるのはもう時間の問題でしょう。


次にご紹介するのは、友人のTEDxTokyoTeachers in 2013 プレゼンです!

英語教育に携わる教授さまの中には、アカデミックな世界だけに住んで、
著書や論文でしか持論を展開されない方もあるようですが、
そんな先生と、こうやって世界にメッセージを届けようとする先生、
あなたは、どちらの先生に憧れますか?メンターになってほしいですか?

2014/02/06

東京新聞・発言コーナーに掲載されました

ひと月前の1月7日、このミラー欄にあった意見を読んで、
(教育にたずさわる方のものでしたが)、
現場を知った上で発言されているとはとても思えず、
そのすぐ後に投稿したものが今日掲載されました。
初めての投稿で採用されるとは思ってもみませんでしたが、
もしかしたら、英語教育の決定的な欠陥に気づいている人が、増えているのかも。前にも書きましたExposureってことです。
 
「英語教育 環境整えて」
昨年来、東京都が採用3年目の公立中高の英語の先生全員を、英語圏の大学に3か月間留学させるという報道や、この事業に毎年6億円かけて続けていくという記事を読み、大変驚きました。
 2020年の東京五輪開催を控え、実践的な英語力の育成を急ぐ必要がある、という状況はわかります。しかし、もっと有効な税金の使い方はないのでしょうか。
 1月7日「ミラー」にも、教師の海外派遣で英語力や指導力の向上は期待できないが、異文化体験にはなるーという専門家の方の意見が載っていました。ならば、英語を「国際共通語」として使い、非英語圏の方とも交流するのがあるべき姿ではないでしょうか。アジア諸国や発展途上国の様子をもっと知るべきです。
 海外まで行かなくても、国際交流のできる催しはたくさんありますし、ネットで英語を使えば無料で世界中の人と交流できます。
 わが家の近所にある「使える英語を身につける」ことを特色とする高校では、図書館に一万冊近くの英語の本があります。授業では、比較的やさしい英語で書かれたさまざまな本を自由に読んだり、朗読を聞いたりするそうです。間違いを気にせずに、たくさん書いたり話したりもするそうです。
 その高校の生徒さんに話を聞いたところ、英語を使うことに抵抗感がなくなり、ごく自然に英語が使えるようになっている、という答えが返ってきました。億単位の税金があるのなら、この高校のように、生徒たちが英語を積極的に学べる「環境」を整えることこそが、有効な税金の使い道というものではないでしょうか。

2014/02/02

飲ミュ二ケーションのはなし(Gingerお試し)

I'm going to write about two different things; 飲ミュ二ケーション and a new function for a better English writing. If you're only interested in knowing the function, please jump right to the end of the post. It might be quite useful for people who have to write an English article or e-mail for business or for personal exchanges with English speaking friends. 

First 飲ミュ二ケーション. It's a coined word of 飲む, drink, and communication. It's a common practice, especially for Japanese men that they often go out to drink with their colleagues after the job and drink beer, sake, shochu or anything. It's not so healthy to drink a lot of alcohol and also not that fun if you have to go with the people you work together. But it's used to be very popular and I think if you often turn down the invitation from your coworkers or a boss, then you could find yourself being out of the main work, and in the worst case, your career move would be slower than other coworkers.

It's because people tend to discuss more important issues over a drink, not in the formal meeting at the office. If you're familiar with Japanese culture, you might have heard the term, honne and tatemae. People say tatemae in a meeting and honne over a drink. Some crucial info, whose value is so high that people tend to be hesitant to share in the office, would be shared while drinking but not working. It sounds unreasonable and unpractical, but that's the culture after all. 

Then yesterday I learned that it's not only in Japanese those custom means a lot. I met a man who works for a foreign based company and he's worked in several countries such as US, Korea and China. He said that you, well, I don't know it's also true for women but at least for men, have to be able to drink a lot of sake, or you just can't survive in business  in Korea. It's simply a must to drink as much as you're invited to drink with your customers. You can't excuse yourself from not drinking because of the lack of an enzyme for alcohol. Geez, that's tough, isn't it? I may ask next time if the same custom applies to women workers too...


OK. That's 飲ミュ二ケーション. Does that explain enough, ma..ma..-chan?

Now it's about a new function; Ginger
As I wrote in the second ebook, my prior interest about English writing is not necessarily to write perfectly, but rather to write moderately imperfect, in other words 『いい』加減さ, so I'm not interested in any functions or app which aim to make your English writing as good as possible. But it's also true that there are some minor yet big obstacles for many Japanese English learners/users when writing in English, and which are prepositions and articles, right? 

I thought it'd be great if the app can diminish the constant pressure of choosing correct prepositions, so I gave it a try to Ginger, and you know what, it really is handy! Actually, it's much easier and more convenient to use than I expected. I was afraid that it might distract me from writing comfortably because it might keep giving me alarms whenever I made a mistake, but I started to believe that it should help you loosen up and you can enjoy English writing much better. 

It's free for basic functions. Do you wanna try? It's Ginger.
(Be reminded that not everything the app suggests is correct or appropriate for your writing. Don't rely too much on the app. You're the one who decides after all.)